March 29, 2013 / 9:05 AM / 7 years ago

ソーラー飛行機、2カ月かけて米大陸を横断飛行へ

3月28日、燃料を一切使わずに太陽光だけで飛ぶ飛行機「ソーラー・インパルス」が今年5月、サンフランシスコからニューヨークまでの米大陸横断飛行を行うことが明らかに(2013年 ロイター/Robert Galbraith)

[マウンテンビュー(米カリフォルニア州) 28日 ロイター] 燃料を一切使わずに太陽光だけで飛ぶ飛行機「ソーラー・インパルス」が今年5月、サンフランシスコからニューヨークまでの米大陸横断飛行を行う。

ソーラー・インパルスのプロジェクトは2003年に始まり、10年間で総額9000万ユーロ(約108億円)の投資が計画されている。両翼に1万2000枚の太陽光パネルを取り付けた機体の開発には、スイスのエレベーター大手シンドラーの技術者らが参加しているほか、ベルギーの医薬品・化学・プラスチックメーカー大手ソルベイも研究支援を行っている。

今回の計画は、5月上旬にサンフランシスコを出発し、フェニックスやダラスなど数カ所を経由して、約2カ月後にニューヨークに到着するというもの。米大陸の横断は初となる。

ソーラー・インパルスの翼はジャンボジェット機のそれに相当する長さを誇るが、重量は小型車と同じ程度。昨年6月にはスペイン─モロッコの大陸間飛行に成功しており、2015年には世界一周に臨むことにしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below