April 2, 2013 / 4:02 AM / 6 years ago

「第2の矢」に積極的に取り組む=物価目標達成で麻生財務相

4月2日、麻生財務相は、2%の物価目標達成にはマインドを変えることが重要だとし、財政政策を所管する財務相として「第2の矢」を積極的にやらなければならないと述べた。写真は2月撮影(2013年 ロイター/Issei Kato)

[東京 2日 ロイター] 麻生太郎財務相は2日午前の衆院予算委員会における金融・経済・財政等に関する集中審議で、2%の物価目標達成にはマインドを変えることが重要だとし、財政政策を所管する財務相として「第2の矢」を積極的にやらなければならないと述べた。

原口一博委員(民主)の質問に答えた。

政府・日銀間で2%の物価目標を設定した経緯に関連し、麻生財務相は「マイナスをプラスにするインフレターゲットは世界初だ。気持ちが変わるのが大変だろうなと感じ、簡単に安請け合いできないと(思った)」と指摘。大胆な金融政策、機動的な財政政策と成長戦略の「3つの矢」を一緒に行うことが示され、「第2を担当する私どもとしては、積極的にやらなければならないと思っている」と語った。

長期金利と名目経済成長の関係について「経済成長だけでは財政健全化はなかなかできない」とし「経済成長をしながらも、社会保障や税の一体改革、歳出合理化など、中長期の財政健全化にきちんと取り組んでいく必要がある。そういうことをしていかなければ、思わぬ金利上昇を招く」と警戒した。

そのうえで、「金利が上昇することは極力抑えておかないと、財政としては厳しいことになる」と語った。

安倍晋三首相は「名目成長を増やすことですべては解決しないが、他方、しっかり名目経済を成長させる精神を失ってはならない」と述べ「名目経済を成長させるにはデフレから脱却する必要がある。同時に不断の行政改革努力、歳出(削減の)徹底化は行わなければならない」と語った。

(ロイターニュース 吉川 裕子;編集 佐々木美和)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below