April 3, 2013 / 6:57 AM / 7 years ago

インタビュー:2%達成にはマネタリーベース拡大を=自民・山本氏

[東京 3日 ロイター] アベノミクスの立役者で、政界きってのインフレターゲット論者でもある自民党の山本幸三衆議院議員は、ロイターのインタビューに応じ、2%の物価目標達成には、マネタリーベースを160兆円─170兆円に増やす施策を抜本的に打ち出すべきだと提言した。

4月3日、アベノミクスの立役者ででもある自民党の山本幸三衆議院議員は、2%の物価目標達成には、マネタリーベースを160兆円─170兆円に増やす施策を抜本的に打ち出すべきだと提言した。写真は2月、都内で撮影(2013年 ロイター/Yuya Shino)

物価安定目標政策こそ財政ファイナンスに対する最大の歯止めだとも指摘、財政ファイナンスへの懸念を解消するための新たな基準作りの必要性を退けた。

<岩田試算ベースにマネタリーベース拡大を提言>

黒田東彦日銀総裁のもとでの初の金融政策決定会合が3日、4日の両日開かれる。リフレ派の主張は、当座預金やマネタリーベース(現金+金融機関の日銀当座預金)を引き上げれば、期待インフレ率の上昇を通じて物価が上昇するとの考えで、金融緩和強化の目標をマネーの量に置く「量的緩和」が関心事のひとつ。

山本氏は、日銀副総裁に就いた岩田規久男氏が学習院大学教授当時に作成したシミュレーションから、消費者物価上昇率2%達成には、現在145兆円のマネタリーベースを160兆円─170兆円に増やしていく必要があるとした。

試算は、リーマンショック後のマネタリーベースの量と予想インフレ率の目安となるブレークイーブン・インフレ率(インフレ期待を測る代表的な指標)の関係からはじき出したもので、同時に円レートや株価との相関式に当てはめると、ドル/円は98円、株価は1万1600円になるだろうとしている。さらに消費者物価指数を3%にするためには、マネタリーベースを180兆円程度に拡大させる必要があるとし、ドル/円は108円程度、株価は1万3600円程度になるだろうと試算する。

山本氏は「具体的手段は日銀が考えること」としながらも、「抜本的にマネタリーベースを増やす施策を打ち出してもらわなければならない」と指摘。「早く160兆円、170兆円にもっていけば、半年後くらいには、ブレークイーブン・インフレ率は2%に達する」とした。ただ、注意点として「ブレークイーブン・インフレ率は消費税の引き上げを織り込んでいるため、その分、もっと上にあげなければならない」とし、4日の日銀決定会合では、早急にマネタリーベースを増やす政策を打ち出すべきだと提言した。

<物価安定目標設定こそ、財政ファイナンスの歯止め>

一方で山本氏は、金融緩和の強化が日銀による「財政ファナンス」になるとの懸念を回避するために何らかの基準を設ける必要はないとし、「(物価上昇率)2%までは国債を買うがそれを超えたら止めるのが物価安定目標政策だ。物価安定目標政策こそ、最大の財政ファイナンスに対する歯止めであり、ハイパーインフレに対する歯止めだ」と述べている。

山本氏は自民党の「デフレ・円高解消を確実にする会」の会長を務める。インタビューは2日に実施した。

(ロイターニュース 吉川裕子;編集 石田仁志)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below