April 22, 2013 / 7:17 AM / 6 years ago

ミャンマー西部の少数民族殺害、当局が支援=人権団体

[バンコク 22日 ロイター] 国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)」は22日、ミャンマー西部ラカイン州で昨年にイスラム教の少数民族ロヒンギャ族が殺害された「人道に対する罪」について、同州当局が殺害を支援したとして非難した。

HRWは報告書で、昨年6─10月に同州で仏教徒にロヒンギャ族の住民が殺害された時、治安部隊が暴力回避のため介入し、ロヒンギャ族を保護することもあった一方で、ロヒンギャ族に対する攻撃を傍観したほか、殺害に加わるなど攻撃を直接支援したと指摘した。

また、当局者への調査や処罰を怠ったことにより、ミャンマー国内でのイスラム教徒に対する暴力行為を拡大させた、と批判した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below