April 30, 2013 / 2:01 AM / 6 years ago

NBA=現役選手が米四大スポーツ初の同性愛公表、大統領も称賛

4月29日、NBAの現役選手で現在はFAのジェーソン・コリンズ(左)が、同性愛者であることを公表した。米四大プロスポーツの選手が同性愛者であることを公に認めたのはこれが初めて。シカゴで2011年5月撮影(2013年 ロイター/John Gress)

[ニューヨーク 29日 ロイター] 米プロバスケットボール協会(NBA)の現役選手で、現在はフリーエージェント(FA)のジェーソン・コリンズが29日、同性愛者であることを公表した。米四大プロスポーツの選手が同性愛者であることを公に認めたのはこれが初めて。

NBAで12季プレーしているベテランのコリンズは米誌スポーツイラストレーテッドの特集記事の中で、「自分は34歳のNBAのセンター。黒人でゲイだ」と告白。この数年告白すべきか迷っていたが、先日ボストン・マラソンでの爆発事件にショックを受けたことをきっかけに、カミングアウトするなら今だと確信したという。

ホワイトハウスのカーニー報道官はNBAの大ファンを自認するオバマ大統領のコメントを紹介。「米国内における数々の進歩の一例。コリンズの勇気をたたえ、応援するとともに、ファンとチームにはコリンズのこれからを支えてもらいたい」と述べた。

NBAのデービッド・スターン・コミッショナーは、コリンズの勇気ある姿勢を称賛。「ジェーソンはキャリアを通じて広く敬意を集めている選手であり、このような重要な問題に対してリーダー的役割を担ったことを誇りに思う」と述べた。

また、NBAの現役選手たちも次々に称賛。レーカーズのコービー・ブライアントはツイッターに「コリンズを誇りに思う。無知な他人のせいで自分らしさを抑圧されることはない」と投稿。同じレーカーズのスティーブ・ナッシュも「そういう時代が来た。最大の敬意を払いたい」とツイートした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below