May 8, 2013 / 6:22 AM / 6 years ago

ソニーがブラジルで「PS3」の生産開始、現地化で値下げ

5月8日、ソニー・コンピュータエンタテインメントは、ブラジルで据え置き型ゲーム機「プレイステーション3(PS3)」の生産を開始したと発表した。写真は2011年8月に撮影(2013年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 8日 ロイター] ソニー(6758.T)のゲーム子会社、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は8日、ブラジルで据え置き型ゲーム機「プレイステーション3(PS3)」の生産を開始したと発表した。

生産拠点は、日本、中国に続いて3カ所目。現地生産を進め、プレステ3の値下げを実現した。今後、ブラジル市場での販売拡大を図る。

現地生産は4月から、ソニーブラジルがアマゾン州マナウス市に保有する工場で開始。マナウス工場は、テレビやAV機器の組み立てに加え、プレステ3の生産も手掛けることにした。

従来はプレステ3は、ソニー製造子会社のソニーイーエムシーエスでの自社生産に加え、台湾・鴻海精密工業(2317.TW)と台湾・和碩聯合科技(ペガトロン)(4938.TW)の中国工場に製造委託していた。日本・中国からブラジルに輸出していたが、現地生産に切り替えることでコストを下げる。

SCEのアンドリュー・ハウス社長がブラジル現地時間7日にサンパウロ市で記者会見し、プレステ3の現地生産と値下げを表明した。SCEによると、現地生産によってブラジルでの輸入関税がなくなるほか、経済特区にあるマナウス工場が税制優遇を受けられるという。これにより、プレステ3(250ギガバイトのハードディスク搭載モデル)を1099ブラジルレアルで販売する。従来の1599ブラジルレアルから値下げした。

(ロイターニュース 村井令二)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below