December 7, 2011 / 1:27 AM / 8 years ago

プーチン首相の退陣要求デモ続く、取り締まりに警官5万人動員

 12月6日、ロシアのプーチン首相の退陣を求めるデモが首都モスクワで続き、治安当局は警官約5万人を動員して取り締まりを実施、約250人を拘束した。写真はデモ参加者を拘束する警官ら(2011年 ロイター/Anton Golubev)

[モスクワ 6日 ロイター] ロシアのプーチン首相の退陣を求めるデモが6日、前日に続いて首都モスクワで行われ、治安当局は警官約5万人を動員して取り締まりに当たった。

反プーチン集会は、首相率いる与党「統一ロシア」が大幅に議席を減らした下院選を受けてスタート。同選挙をめぐっては、欧州の監視団が開票操作が行われたと発表するなど、不正行為の報告が相次いでおり、自由な選挙を求める市民らがデモに加わった。

初日の5日は約5000人を集めて近年で最大規模の抗議デモとなり、この日も数百人が参加。これに対し治安当局は、警官約5万人のほか、特殊部隊約2000人を配備して取り締まりを行い、無許可の集会を開こうとしたなどとして、モスクワ中心部で約250人を拘束した。

集会現場では、デモ隊が「プーチンなきロシアを」「自由な選挙を」などと叫ぶ中、プーチン派の若者数百人もドラムをたたくなどして妨害を図り、小規模な衝突も起きた。

<野党指導者が一時拘束>

デモを呼び掛けた野党指導者で元第1副首相のネムツォフ氏はロイターに対し、警察当局に一時拘束されたと明かした。また、反政権ブロガーのアレクセイ・ナワルニー氏ら2人は、5日のデモに関与したとして15日間勾留されることになった。

デモの主催者は、交流サイト(SNS)のツイッターやフェイスブックなどを利用して反プーチン集会への参加を促した。これまで、ほとんどデモに参加したことがないというモスクワ在住のミハイル・トルポフさんは、「彼らから受けた仕打ちを考えると、黙ってはいられず、今日ここに来た」と話した。

モスクワでの大規模デモ発生を受け、米共和党のジョン・マケイン上院議員はツイッターで、「アラブの春があなたの近くに迫ろうとしている」とプーチン首相へのメッセージを書き込んだ。ただ、ロシアの専門家の多くは、政権崩壊が相次いだアラブの春のような事態にプーチン首相が直面しないとの見方を示している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below