December 8, 2011 / 5:32 AM / 7 years ago

イエメンが挙国一致内閣を発表、首都でなお衝突も

 12月7日、イエメンのハディ副大統領は7日、サレハ大統領が署名した権限移譲案に基づき、挙国一致内閣の構成を発表した。写真はサヌアで反政府デモを行う男性ら(2011年 ロイター/Khaled Abdullah)

[サヌア 7日 ロイター] イエメンのハディ副大統領は7日、サレハ大統領が署名した権限移譲案に基づき、挙国一致内閣の構成を発表した。首相に指名されていた野党グループの指導者バシンドワ元外相は、10日に宣誓就任式を行う。

先月23日にサウジアラビアの首都リヤドで署名された湾岸協力会議(GCC)の仲介案のもと、サレハ大統領率いる与党「国民全体会議(GPC)」は野党勢力と連立政権を組むことに合意していた。

挙国一致内閣はバシンドワ氏が首班となり、内務と財務は野党が、国防と外務は引き続き与党GPCが担当することになるという。

サレハ大統領の後任を決める大統領選は来年2月21日に行われる。

一方、首都サヌアでは同日、政府軍と反政府勢力が衝突。反政府側によると1人が死亡、10人以上が負傷した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below