December 14, 2011 / 6:27 AM / 8 years ago

北京の韓国大使館に金属弾、隊員刺殺で中韓関係の緊張高まる

 12月14日、中国・北京の韓国大使館に13日午後、空気銃からとみられる金属弾が撃ち込まれ、窓にひびが入った。写真は聯合ニュースより(2011年 ロイター)

[北京 14日 ロイター] 中国・北京の韓国大使館に13日午後、空気銃からとみられる金属弾が撃ち込まれ、窓にひびが入った。韓国当局者が明らかにした。けが人はいないという。

中韓関係をめぐっては、韓国海洋警察隊員が不法操業の中国漁船員に刺殺された事件を受け、ソウルの中国大使館前で抗議デモが行われるなど、韓国国民の中国に対する批判が高まっていた。

韓国外務省は、今回使用された武器の特定には至っていないと発表。韓国の聯合ニュースは、関係者の話として、空気銃から金属製の玉が撃ち込まれたとみられると報じた。

外務省当局者は、「韓国大使館は当局に大使らの保護を求めるとともに、事件の背後関係の捜査を要請する書簡を送った」とし、事件の捜査が始まっていると明かした。

海洋警察隊員の刺殺事件は黄海の韓国側排他的経済水域(EEZ)で12日に発生。海洋警察隊が不法操業の中国漁船を拿捕しようとした際、隊員1人が漁船の船長に刺されて死亡、別の隊員も負傷した。

*写真を差し替えて再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below