January 18, 2012 / 9:07 AM / 8 years ago

金利急上昇は国のシステム脅かす、円高「断固たる措置」=財務相

[東京 18日 ロイター] 安住淳財務相は18日午後、外国特派員協会で講演し、日本の巨額の財政赤字に関連し、金利の急上昇は国全体のシステムを脅かすものだと指摘。債務削減へ向けた行動計画を市場に示し、着実に実行することが必要との考えを示した。

 1月18日、安住財務相は、日本の巨額の財政赤字に関連し、金利の急上昇は国全体のシステムを脅かすものだと指摘した。首相官邸で昨年9月撮影(2012年 ロイター/Yuriko Nakao)

同時に長期化する円高には、必要なら断固たる措置を取ると表明し、過度な変動や投機的な動きがあった場合は、再度の為替介入も辞さない姿勢を強調した。

<巨額の累積債務「大きな声でする話でない」>

財務相は講演の冒頭、日本の累積債務が国と地方合わせて900兆円超となったことに「大きな声で演説するような話ではない」としながら、財政赤字の一段の増大は「日本にとっての危機」だと指摘。消費税率の引き上げを含む税制改正の必要性を説明した。消費税引き上げは政治にとって「エベレストに登るくらい大変な話だが、これを乗り越えないと次のステージに立てない」として、社会保障・税一体改革の早期成立に全力を期す考えを示した。

財務相は財政運営の留意点として、金利動向にも言及。「現段階で(日本の)国債金利は決して高いわけではない。国債の消化を含めて安定的に推移している」との認識を示したが、財政問題を抱えるイタリアで昨年、金利が急上昇して財政危機が深刻化するなどして、当時のベルルスコーニ首相が辞任に追い込まれたことに触れ「金利は急激に上昇することもあり、それは国の政治全体のシステムを脅かす」リスクを指摘。「大事なことは、中長期にわたってどういったアクションプランを持っているかを市場に対してコミットメントする、それを確実に実行に移していくことで信頼を得ていく」必要性があると訴えた。

歴史的な円高への対応策については「スイスのような、あるライン(為替水準)を決めて、恒常的に介入する方法を日本が取るのは難しい。スイスフランと円の供給量や流通量は著しく違う。円はドルやユーロに次ぐ基軸通貨のひとつとの認識に立てば、なかなかそこまではできない」との考えを示した。同時に「行き過ぎた投機的な動き対しては、断固たる措置はいつでも取る」とも述べた。

<イランへの経済制裁、急発動なら邦銀へのダメージ計り知れず>

きょうから米国と実務者協議を開始したイランへの経済制裁に関しては、邦銀に与える影響に重ねて懸念を表明。「急激に発動された場合の(邦銀の)ダメージは計り知れない。日本経済へのダメージをできるだけ小さくしながら、対応していきたい」とした。

同時に財務相はイラン制裁には、日本が貸し付けている資金が回収できなくなるなど「イランに利することもある」点も指摘。前週12日に来日したガイトナー米財務長官との会談では「ソフトランディングをしましょうということになった」として、邦銀への適用除外を視野に、今後の実務者協議を進める考えを示した。

イラン産原油の輸入削減については、これまで日本が輸入量を削減してきた経緯を説明し、米財務長官との会談で「今後もイラン原油(の輸入量)は削減されていく方向であるとの認識を述べた」とした。

<欧州債務危機、IMF通じたサポートは次の段階>

欧州の債務危機に関しては、国際通貨基金(IMF)を通じた支援は「次のステップの中で考えないといけない」と指摘。「まずファーストステップをしっかり踏む。欧州の中で重要な役割を持っている独や仏が特にそうだが、ファイアウォールをしっかり築くこと」と述べ、欧州の自助努力がまず必要との認識を繰り返した。ただ、欧州危機への対応にあたっては、今後「IMFの役割も非常に大きくなるし、IMFを通じて様々な議論が出てくる」見通しを示した。

(ロイターニュース 基太村真司)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below