Reuters logo
サッカー=欧州CLでインテル黒星、長友は途中出場
2012年2月23日 / 01:22 / 6年後

サッカー=欧州CLでインテル黒星、長友は途中出場

[マルセイユ(フランス) 22日 ロイター] サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は22日、各地で決勝トーナメント1回戦の第1戦を行い、長友佑都の所属するインテル(イタリア)はマルセイユ(フランス)に0─1で敗れた。長友は後半開始からマイコンに代わってプレーした。

2月22日、サッカーの欧州CL決勝トーナメント1回戦第1戦で、長友佑都の所属するインテルはマルセイユに0─1で敗れた。写真はゴールを喜ぶマルセイユとうなだれるインテルの選手たち(2012年 ロイター/Philippe Laurenson)

過去7試合で唯一ゴールを決めていたディエゴ・ミリトをベンチに温存したインテルは、前半11分にディエゴ・フォルランが決定機を迎えたが決められず、前半終盤にもマウロ・サラテがチャンスを逸した。

インテルはボール支配率で劣勢だったものの、ミリトやジャンパオロ・パッツィーニを温存。消極的な戦い方が目立ち、引き分け濃厚の試合展開となっていたが、後半ロスタイムにCKから痛恨の失点を喫して敗れた。

インテルのクラウディオ・ラニエリ監督は、「1週間インフルエンザにかかっていたし、リスクを負いたくなかった」とミリトを使わなかった理由を説明。そして「サンシーロ(ホームスタジアム)は満員になるだろうし、アドバンテージになる。問題なく2点を取れる」と第2戦での巻き返しを誓った。

一方のディディエ・デシャン監督は「少し有利になっただけだ。余裕を持って構えられるような状況ではない」と勝利にも気を引き締めていた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below