March 2, 2012 / 1:19 AM / 7 years ago

陸上=元全米100メートル王者、禁止薬物使用で9カ月出場停止

3月1日、米国反ドーピング機関は、薬物検査で陽性反応を示していた男子陸上短距離のマイク・ロジャース(写真)が9カ月の出場停止処分を受け入れたことを明らかにした。2009年8月撮影(2012年 ロイター/David W Cerny)

[1日 ロイター] 米国反ドーピング機関(USADA)は1日、薬物検査で陽性反応を示していた男子陸上短距離のマイク・ロジャース(26歳、米国)が9カ月の出場停止処分を受け入れたことを明らかにした。

元全米100メートル王者のロジャースは、昨年7月にイタリアで行われた大会で陽性反応を示していた。処分を受け入れたことで出場停止期間は4月19日までとなり、6月に行われるロンドン五輪の選考会に参加できる。予選を突破すれば本大会にも出場できる。

USADAは「事情聴取では不正確で誤解を招く証言を行っていたが、委員会が決断を下す前に彼は処分に同意した」と話した。

ロジャースは当初、イタリアのクラブで摂取した飲料のなかに禁止薬物が入っていたと主張していた

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below