Reuters logo
シリアで連日の自動車爆弾攻撃、2人死亡・30人負傷
2012年3月18日 / 22:57 / 6年前

シリアで連日の自動車爆弾攻撃、2人死亡・30人負傷

[ベイルート 18日 ロイター] シリア北部の商業都市アレッポで18日、爆弾を積んだ自動車が爆発し、国営通信SANAによると、2人が死亡、30人が負傷した。また、反体制派と政府軍との激しい衝突も各地で続いているという。

3月18日、シリア北部の商業都市アレッポで、爆弾を積んだ自動車が爆発し、2人が死亡、30人が負傷した。写真は爆発現場(2012年 ロイター)

爆発は治安施設や教会がある市中心部で発生。SANAは反体制派のテロリストが事件を起こしたと伝えているが、活動家は、反体制派の仕業に見せかけるための自作自演だとアサド政権を非難している。

アレッポはシリア第2の都市で、これまでほとんど反体制運動が見られなかったが、最近になって衝突が増加している。

シリアでは17日にも首都ダマスカスで自動車爆弾による爆発が相次ぎ、27人が死亡し、100人近くが負傷していた。

一方、シリア人権監視団によると、18日に政府軍の攻撃で死亡した民間人は各地で少なくとも19人に上り、子どもも4人含まれているという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below