March 26, 2012 / 8:37 AM / 8 years ago

米黒人少年射殺の波紋広がる、「人種差別の兆候」と抗議も

3月25日、米南部フロリダ州で2月末に黒人少年が自警団の男性に射殺された事件をめぐり、全米各地抗議集会が開かれるなど波紋が広がっている。写真はワシントンで行われた抗議集会(2012年 ロイター/Jonathan Ernst)

[サンフォード(米フロリダ州) 25日 ロイター] 米南部フロリダ州で2月末に黒人少年が自警団の男性に射殺された事件をめぐり、全米各地で抗議集会が開かれるなど波紋が広がっている。

事件は2月26日に発生。黒人のトレイボン・マーティンさん(17)が徒歩で帰宅途中、自警団のジョージ・ジマーマン氏(28)に胸を撃たれて死亡した。ジマーマン氏は、マーティンさんが挙動不審だったため後をつけ、争いになったと主張。地元当局は、正当防衛を主張するジマーマン氏を逮捕しなかった。

これに対し、フロリダ州サンフォードの教会では25日、マーティンさんが射殺された時の服装と同じ格好をした人が集まって抗議活動を展開。ニューヨーク市でも同様の活動が行われ、逮捕しないのは人種差別の兆候だという声も上がった。

また、オバマ大統領が23日、「自分に息子がいたらトレイボンと似ていただろう」と発言したほか、ジマーマン氏の身柄拘束に1万ドル(約83万円)の懸賞金をかけた政治団体も現れるなど、事件は全米で物議を醸している。

ジマーマン氏の居所は明らかなっていないが、同氏の友人によれば、非常に動揺した状態で、「事件をとても後悔している」という。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below