March 27, 2012 / 4:08 AM / 8 years ago

オーストリア男性が自分で足切断、「仕事に戻りたくない」

[ウィーン 26日 ロイター] オーストリア北部のシュタイアーに住む56歳の男性が26日、自らの足を電気のこぎりで切り落とす出来事があった。オーストリア放送協会(ORF)が報じたところでは、理由は仕事に戻りたくなかったためとみられている。

男性は仕事に就いておらず、ORFによると、同日に労働事務所で健康診断を受ける予定になっていたが、そこで「復職しても問題ない」と判断されるのが嫌だったとみられている。

男性は自宅の作業場にあった電気のこぎりで、左足のくるぶしから下の部分を切断。出血が激しく、自分で救急車を呼んだものの、緊急手術で足を元通りにくっつけることはできなかったという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below