April 3, 2012 / 1:06 PM / in 7 years

焦点:日銀、月末の景気シナリオ点検で果断な対応検討も

4月3日、日銀は9、10日に開く金融政策決定会合で政策を現状維持とする見通し。写真は都内の日銀本店前で2012年3月撮影(2012年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 3日 ロイター] 日銀は9、10日に開く金融政策決定会合で政策を現状維持とする見通し。円安・株高基調が持続しており、2月の会合で打ち出した事実上のインフレ目標の導入と追加緩和の効果を見極める。

ただ、当面の景気や物価見通しを示す「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」を公表する27日の会合では、景気・物価シナリオの点検結果次第で、デフレ脱却への強い姿勢を示すため追加緩和を含む果断な政策対応が議論される可能性がある。

ドル/円が82円台で推移、日経平均株価.N225 も1万円台を回復するなど市場が安定した動きを続ける中、日銀は2月会合での事実上のインフレ目標導入と資産買入基金による10兆円の国債買い入れ増額の効果を見極める段階とみている。このため、次回会合では、総額65兆円に拡大した基金の残高目標を維持する公算が大きい。実質的なゼロ金利政策も継続する方針だ。

同会合では、成長分野への資金供給制度の一環として3月会合で打ち出した日銀保有の米ドル資金供給制度について、どの市場金利を指標とするかなど詳細を詰める。

一方、27日に開かれる今月2回目の決定会合では、展望リポートにおいて景気や物価のシナリオを点検するが、その議論次第で追加緩和が検討される可能性がある。日銀では、これまでのところ、横ばい圏内で推移している景気が、新興国などにけん引され、緩やかに回復していくとのシナリオを維持している。2日公表された3月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の業況判断DIが前回12月調査と同水準のマイナス4と2四半期連続のマイナスになったが、基本シナリオに影響を与えるものではないとみている。

物価については、2月会合で事実上のインフレ目標である「中長期的な物価安定の目途(goal)」を導入。現在はゼロ近辺にとどまっている消費者物価(CPI)の前年比上昇率1%を目指して強力な金融緩和を推進するとの「強いコミットメント」(宮尾龍蔵審議委員)を示した。このため、景気が必ずしも下振れなくても、需給ギャップ縮小による物価の上昇ペースが十分でないと判断すれば追加緩和に踏み切る可能性がある。

(ロイターニュース 竹本能文、伊藤純夫;編集 石田仁志)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below