April 11, 2012 / 12:27 AM / 7 years ago

中国スマホ市場、アンドロイドが圧倒的首位=調査会社

4月10日、中国のスマートフォン市場では、米グーグルのOS「アンドロイド」搭載機が昨年にシェアを大幅に伸ばし、圧倒的な首位に立っていることが分かった。写真はアンドロイドのマスコット。サンフランシスコで昨年5月撮影(2012年 ロイター/Beck Diefenbach)

[上海 10日 ロイター] 中国のスマートフォン(多機能携帯電話)市場では、米グーグル(GOOG.O)の基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載機が昨年にシェアを大幅に伸ばし、圧倒的な首位に立っていることが分かった。

北京を拠点とする調査会社の易観国際が10日発表したスマホのOS別市場統計によると、2011年末時点でアンドロイドのシェアは68.4%。同年3月末時点の33.6%からほぼ倍に伸ばした。

アンドロイド躍進の裏でシェアを大幅に落としたのは、ノキアNOK1V.HEの「シンビアン」。昨年末時点で18.7%と、1年でシェアが半分以上も縮小した。

一方、米アップル(AAPL.O)の「iPhone(アイフォーン)」は富裕層からの強い需要を背景に、昨年第1四半期の4.1%から第4四半期には5.7%までシェアを伸ばしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below