April 12, 2012 / 6:17 AM / 7 years ago

サッカー=仏代表アビダル、肝移植手術に成功

4月11日、サッカーのフランス代表DFエリック・アビダルが肝臓の移植手術を受け、術後の経過は良好であることが明らかに。昨年10月撮影(2012年 ロイター/Charles Platiau)

[マドリード 11日 ロイター] サッカーのスペイン1部バルセロナに所属するフランス代表DFエリック・アビダルが10日に肝臓の移植手術を受け、術後の経過は良好であることが分かった。同選手の夫人が11日、フェイスブック上で明らかにした。

昨年3月に肝腫瘍の摘出手術を受けたアビダルは、驚異的な回復で昨季のうちにプレーに復帰。しかし、クラブは前月に同選手が肝移植手術を受ける必要性があることを発表し、長時間に及ぶ手術を行なった。

アビダル夫人は11日、同選手のフェイスブック上で「エリックと(ドナーである)従兄弟のジェラールは昨日、バルセロナで手術を受けた。今のところはすべてが順調」とコメント。「みなさんのメッセージとサポートに本当に感謝している。ありがとう」と謝意をつづった。

バルセロナのチームメートであるMFセルヒオ・ブスケツは「手術は終わった。これからが非常に重要だ。今後2、3日で様子が分かるだろう。皆と同じように彼に最大限のエールを送った」と仲間に励ましのメッセージを送ったことを明かした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below