April 19, 2012 / 1:06 AM / 7 years ago

スーダン大統領が南の「解放」宣言、油田めぐり対立深刻化

4月18日、スーダンのバシル大統領は、南スーダンを同国与党のスーダン人民解放運動(SPLM)から解放すると演説し、南スーダン政府を打倒する方針を示した(2012年 ロイター/Mohamed Nureldin Abdallah)

[ハルツーム/ジュバ 18日 ロイター] スーダンのバシル大統領は18日、南スーダンを同国与党のスーダン人民解放運動(SPLM)から解放すると演説し、南スーダン政府を打倒する方針を示した。

大統領はスーダン与党の国民会議党(NCP)の党員に向けた演説で、「南スーダン国民の解放が目標であり、それがわれわれの責務でもある」と発言。SPLMを「虫」と繰り返し表現するなど、強行的な姿勢を強調した。

スーダンと南スーダンは、国境付近のヘグリグ油田をめぐって衝突を繰り返しており、南スーダン側の発表によると、18日にも計22人が死亡する戦闘があった。

また、スーダン国民議会は16日、南スーダンを「敵」とみなす決議を採択しており、両国の溝は深まっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below