May 1, 2012 / 11:14 PM / 6 years ago

米大統領がアフガンを電撃訪問、ビンラディン殺害1周年に

[カブール 2日 ロイター] オバマ米大統領は、国際武装組織アルカイダの元指導者ウサマ・ビンラディン容疑者殺害から1年を迎える1日、アフガニスタンを予告なしで訪問した。

オバマ大統領は首都カブールでカルザイ大統領と会談し、戦略的パートナーシップ協定に調印。同協定は、米国がアフガンを将来的に支援・指導する役割を定めたもので、北大西洋条約機構(NATO)駐留軍がほぼ撤退する2014年以降も、米国がアフガンに関与することを示す狙いがある。

オバマ大統領はその後、カブール北方のバグラム空軍基地で駐留部隊を前に演説。「今後も悲しみや痛み、困難があるだろうが、あなたたちの犠牲のおかげで地平線上に光が出てきた」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below