May 3, 2012 / 1:07 AM / 7 years ago

サッカー=レアル、ビルバオ下し32回目のリーグ制覇

5月2日、サッカーのスペイン1部で、首位レアル・マドリードは敵地でビルバオに3─0で快勝し、4年ぶり32回目の優勝を果たした。写真はジョゼ・モウリーニョ監督を胴上げするレアルの選手たち(2012年 ロイターVincent West)

[マドリード 2日 ロイター] サッカーのスペイン1部は2日、各地で試合を行い、首位レアル・マドリードは敵地でビルバオに3─0で快勝し、4年ぶり32回目の優勝を果たした。

序盤から互いに積極的な姿勢を見せた試合は、前半16分にメスト・エジルのラストパスからゴンサロ・イグアインが決めてレアルが先制。その4分後にはクリスティアノ・ロナルドのアシストでエジルがリードを広げた。

さらにレアルは後半立ち上がりにもCKからロナルドが追加点。ビルバオも反撃を試みるが、シュートがクロスバーに2回も直撃するなど運に見放されると、退場者も出してしまい力尽きた。

この勝利でレアルは2試合を残して2位バルセロナとの勝ち点差を7に保ち、バルセロナのリーグ3連覇を阻んだ。ジョゼ・モウリーニョ監督はポルトガル、イングランド、イタリア、スペインの4カ国でリーグ優勝した初の監督となった。

試合後、レアルの主将イケル・カシリャスはテレビ局のインタビューで「とても長く、厳しいシーズンだったが、昨シーズンよりもクオリティーの高いチームになっていた。バルサの快進撃を止めるのは大変だったし、われわれは若いチームだったが、昨年の段階ですでに成長していたし、今年はさらに進化した」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below