June 11, 2012 / 5:09 AM / 7 years ago

ボクシング=6階級制覇王者パッキャオ、7年ぶりの敗戦

6月10日、ボクシングの世界主要4団体で6階級を制覇したマニー・パッキャオ(右)は、WBOウエルター級タイトルの防衛戦で、ティモシー・ブラッドリーに敗れた。9日撮影(2012年 ロイター/Steve Marcus)

[ラスベガス 10日 ロイター] ボクシングの世界主要4団体で6階級を制覇したマニー・パッキャオ(フィリピン)は9日、米ネバダ州ラスベガスで行われた世界ボクシング機構(WBO)ウエルター級タイトルの防衛戦で、ティモシー・ブラッドリー(米国)に敗れた。

スピードとパワーで勝るパッキャオは12ラウンド中、少なくとも9ラウンドで優勢とみられたが、1─2で判定負け。ブラッドリー本人も試合後、勝利に値する試合ができなかったと示唆した。

プロモーターのボブ・アラム氏は試合後の記者会見で「この結果はクレイジーだ。ボクシング界を駄目にしようとしているのか。スコアカードは3枚とも捨てるべき」と、怒りをあらわにした。

パッキャオのトレーナー、フレディ・ローチ氏も「競ったラウンドはほとんどなかった。確実に勝ったと思った」とコメント。「彼ら(ジャッジ)は目を閉じていたのだろう」と厳しく批判した。

パッキャオは2005年3月以来の敗戦で、連勝は15でストップ。戦績は54勝(38KO)4敗2分けとなった。11月10日にブラッドリーと再戦を行う予定。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below