June 22, 2012 / 2:27 AM / 7 years ago

ボクシング=検証は「パッキャオ勝利」、判定覆らず再戦促す

6月20日、世界ボクシング機構は、マニー・パッキャオが判定負けして議論を呼んだウエルター級タイトルマッチについて、ビデオ検証を行った結果からパッキャオの勝利が妥当との見解を示した9日撮影(2012年 ロイター/Steve Marcus)

[21日 ロイター] 世界ボクシング機構(WBO)は20日、マニー・パッキャオ(フィリピン)が判定負けして議論を呼んだウエルター級タイトルマッチについて、ビデオ検証を行った結果、パッキャオの勝利が妥当との見解を示した。

ボクシングの世界主要4団体で6階級を制覇したパッキャオは、9日の防衛戦でティモシー・ブラッドリー(米国)に1─2で判定負け。12ラウンド中、少なくとも9ラウンドでパッキャオが優勢と見られただけに、不正を疑問視する声が出ていた。

WBOが国際ジャッジ5人によるビデオ検証を行ったところ、全員がパッキャオを支持。ただ、判定を覆すことはできないとし、再戦を促すにとどまった。

両者のプロモーターを務めるボブ・アラム氏によると、パッキャオはブラッドリーのベルト放棄よりも、再戦が好ましいとの見解を示しているという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below