July 12, 2012 / 3:12 AM / 7 years ago

メキシコ紙が麻薬戦争の取材打ち切り、社屋に2度の攻撃

7月11日、メキシコのヌエボラレド市の新聞社は、麻薬戦争に関連する取材を打ち切ると明らかにした。モンテレイ郊外で昨年9月撮影。資料写真(2012年 ロイター)

[メキシコ市 11日 ロイター] 麻薬をめぐる抗争が続くメキシコで、取材にあたるジャーナリストが命の危険にさらされる中、同国ヌエボラレド市の新聞社は11日、麻薬戦争に関連する取材を打ち切ると明らかにした。新聞社が一切の取材を打ち切るのはまれ。

日刊紙を発行する「El Manana」は11日の社説の中で、「ジャーナリズムを自由に発揮できない状況から、このような残念な決断に至った」と取材打ち切りの経緯を説明。車に仕掛けられた爆弾や、首を切断される殺人事件を取材するのは危険すぎるとした。

「El Manana」は10日、社屋にグレネードランチャーが撃ち込まれるなどの襲撃を受けた。けが人はいなかったものの、同社は5月にも同様の攻撃を受けていた。

麻薬組織は、好ましくない取材をしたジャーナリストを殺害する場合もある。メキシコの人権委員会によると、同国では2000年以降、80人以上のジャーナリストが殺害されているという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below