Reuters logo
北米映画興行収入=「アイス・エイジ」最新作が初登場1位
2012年7月16日 / 01:48 / 5年前

北米映画興行収入=「アイス・エイジ」最新作が初登場1位

[ロサンゼルス 15日 ロイター] 映画スタジオの推計に基づく7月13日―15日の北米映画興行収入ランキングは、人気アニメ作品「アイス・エイジ」の第4弾となる「Ice Age: Continental Drift(原題)」が、前週1位の「アメイジング・スパイダーマン」を抑えて初登場首位に立った。

アイス・エイジ最新作のオープニング週末興行収入は4600万ドル(約36億4000万円)。事前の市場予想を上回るとともに、2009年公開の前作「アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの」のオープニング興収4200万ドルも超える上々の滑り出しとなった。興収調査会社ボックス・オフィス・モジョによると、同シリーズの累計世界興行収入は19億ドル(約1500億円)。

一方、今週2位に後退した「アメイジング・スパイダーマン」だが、全世界でのこれまでの興行収入は5億2100万ドルを記録、ハリウッド映画今年最大級のヒット作となっている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below