July 19, 2012 / 12:27 AM / 7 years ago

ブルガリアのバス爆発で6人死亡、イスラエル首相「イランの犯行」

7月18日、ブルガリア東部の黒海に面したブルガスの空港でイスラエル人観光客らを乗せたバスが爆発し、6人が死亡、32人が負傷した。写真は爆発で焼け焦げたバス(2012年 ロイター)

[ブルガス(ブルガリア) 18日 ロイター] ブルガリア東部の黒海に面したブルガスの空港で18日、イスラエル人観光客らを乗せたバスが爆発し、6人が死亡、32人が負傷した。この事件を受け、イスラエルのネタニヤフ首相は、イランによる犯行だと非難するとともに、報復も示唆した。

爆発は、イスラエルからのチャーター便に搭乗していた観光客が、空港の駐車場でバスに乗り込んだ直後に発生。爆発の影響でバスの窓ガラスは吹き飛び、辺り一面は黒煙に包まれた。

ブルガリアのムラデノフ外相はロイターの電話取材に対し、「バスに仕掛けられた爆弾が爆発した」と説明。目撃者の1人は地元テレビ局に「非常に激しい爆発音が聞こえた。バスには子どもも含めた乗客で満員だった。現場は大混乱だった」と語った。

また、バスに乗っていた乗客はイスラエルのラジオ局に「座席に座って数秒後にドーンという音がした。何とかバスにできた穴から逃げることができた」と現場から事件発生直後の様子を振り返った。

イスラエルのネタニヤフ首相は、「この数カ月間だけでも、タイやインド、グルジア、ケニア、キプロスなどでイスラエル人がイランの攻撃を受けた。これは全世界に広がっているイランによるテロ攻撃だ」と批判。その上で「イスラエルは、イランのテロに対して強力に対応していく」と強調した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below