July 31, 2012 / 12:46 AM / 7 years ago

ブラジル柔道選手が銅メダル落として欠ける、代替品授与へ

7月30日、ロンドン五輪の柔道男子60キロ級で銅メダルを獲得したブラジルのフェリペ・キタダイ選手が、シャワー室でメダルを落として一部が欠けてしまったことが分かった。28日撮影(2012年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[ロンドン 30日 ロイター] ロンドン五輪の柔道男子60キロ級で銅メダルを獲得したブラジルのフェリペ・キタダイ選手(23)が、シャワー室でメダルを落として一部が欠けてしまったことが分かった。チームの広報担当者が30日、明らかにした。

29日の試合で銅メダルを獲得したキタダイ選手だが、嬉しさのあまり片時もメダルから離れられず、持って入ったシャワー室で落としてしまった。その後、メダルと一緒に寝ていたところ、一部が欠けていることに気付いたという。

その後、大会当局に申し出て謝罪をしたところ、代わりのメダルが改めて授与されることになったという。

チームの広報は、キタダイ選手の行為について「利口なやり方とは言えない」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below