August 6, 2012 / 4:47 AM / 7 years ago

五輪=義足ピストリウスは決勝進出ならず、陸上男子400m

8月5日、ロンドン五輪の陸上男子400メートル準決勝で、両脚が義足の選手として初めて五輪に出場したオスカー・ピストリウスは2組の最下位となり、決勝進出はならなかった(2012年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ロンドン 5日 ロイター] ロンドン五輪は5日、陸上の男子400メートル準決勝を行い、両脚が義足の選手として史上初めて五輪に出場したオスカー・ピストリウス(25、南アフリカ)は、46秒54で2組の最下位となり、決勝進出はならなかった。

前日の予選では今季の自己最高記録となる45秒44をマークしたピストリウスだったが、この日は1秒以上遅いタイムでゴール。レース後にはスタンドからの声援に手を挙げて応え、同組トップのキラニ・ジェームズ(19、グレナダ)と胸の名札を交換するシーンも見られた。

ピストリウスは、9日に行われる1600メートルリレー予選にも出場する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below