August 11, 2012 / 1:11 AM / 7 years ago

五輪=新体操で日本が12年ぶり決勝進出、団体8位で

8月10日、ロンドン五輪の新体操団体予選で日本は合計53.025点で8位に入り、2000年シドニー五輪以来12年ぶりとなる決勝進出を果たした。写真は後半のリボン・フープの演技を行う日本チームの選手たち(2012年 ロイター/Jorge Silva)

[ロンドン 10日 ロイター] ロンドン五輪は10日、新体操の12チームで争う団体予選後半の演技を行い、日本は合計53.025点で8位に入り、2000年シドニー五輪以来12年ぶりとなる決勝進出を果たした。

日本は深瀬菜月、畠山愛理、松原梨恵、三浦莉奈、サイード横田仁奈、田中琴乃の6人によるチームで臨み、前半ボールでの26.725点に後半のリボン・フープでの26.300点を加えた。

シドニー大会からの五輪4連覇がかかるロシアが56.375点でトップ。世界選手権優勝3回のイタリアが僅差の2位。決勝には予選上位8位までのチームが出場し、12日に行われる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below