August 16, 2012 / 7:02 AM / 7 years ago

イランと戦争なら死者500人、1カ月の交戦に=イスラエル閣僚

8月15日、イスラエルのビルナイ民間防衛担当相(写真)は、核兵器開発が疑われるイランと戦争に突入した場合、イスラエル側の死者が約500人に上り、交戦が30日間程度続くとの想定を明らかにした。2009年10月撮影(2012年 ロイター/Baz Ratner)

[エルサレム 15日 ロイター] イスラエルのビルナイ民間防衛担当相は、核兵器開発が疑われるイランと戦争に突入した場合、イスラエル側の死者が約500人に上り、交戦が30日間程度続くとの想定を明らかにした。15日付の同国紙マーリブのインタビューで語った。

ビルナイ氏は、「日本国民が地震の可能性を認識しなければならないのと同様に、イスラエル国民はミサイル攻撃に備える必要がある」と指摘。同国の戦線はかつてないほど準備を整えていると述べた。

ビルナイ氏は、イランと戦闘になれば、イスラエルに1日当たり数百発のミサイルが着弾し、同国に住む約500人が犠牲になる可能性があると予測。「30日にわたりイスラエルの複数の戦線で戦闘が続く」との見方を示し、イランから支援を受けたイスラム原理主義組織ヒズボラやパレスチナの過激派が参戦する可能性も示唆した。

イスラエルのメディアはこれに先立ち、11月の米大統領選の前にイスラエルがイランの核施設を攻撃する可能性があると報じていた。

ビルナイ氏は今月末までに民間防衛担当相を退任し、中国大使に就任する予定。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below