August 17, 2012 / 5:57 AM / 7 years ago

燃料切れでシリアに着陸のエールフランス機、乗客に現金求める

8月16日、シリアの空港に燃料切れで緊急着陸したエールフランス機が、燃料を補給するのにクレジットカードでの支払いを断られ、乗客に現金を求めていたことが分かった。写真は同社のロゴ。7月撮影(2012年 ロイター)

[パリ 16日 ロイター] シリアの首都ダマスカスの空港に燃料切れで緊急着陸したエールフランス(AIRF.PA)機が、燃料を補給するのにクレジットカードでの支払いを断られ、乗客に現金を求めていたことが分かった。同社の広報担当者が16日、明らかにした。

レバノンの首都ベイルートに向かっていた同機は15日夜、同市で社会不安が高まっているため迂回を余儀なくされ、燃料切れでシリアに緊急着陸した。

広報担当者によると、空港当局がクレジットカードでの支払いを拒否し、現金しか受け付けないとしたため、「予防措置として」乗客に現金をいくら出せるかたずねたという。最終的には乗客の助けを借りずに支払いを済ませることができたとしているが、詳細は語らなかった。

エールフランスは今年3月にシリアへの運航を停止していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below