August 20, 2012 / 11:57 PM / 6 years ago

民主化進むミャンマー、半世紀ぶりにメディア検閲廃止

8月20日、昨年3月に民政移管し、民主化が進むミャンマーで、半世紀ぶりに事前のメディア検閲が廃止された。写真は4月、ヤンゴンで撮影(2012年 ロイター)

[ヤンゴン 20日 ロイター] 昨年3月に民政移管し、民主化が進むミャンマーで20日、半世紀ぶりに事前のメディア検閲が廃止された。情報省が同日発表した。

これにより、記者は事前に当局に記事を提出する必要がなく、検閲されずに済むようになる。

1962年に軍事独裁政権が樹立されて以来、ミャンマーでは厳しい検閲制度が課されてきたが、民政移管後の昨年6月以降、同国で発行されている週刊紙と月刊誌の約半数に対して、事前検閲が廃止されてきた。今回は政治と宗教に分類される残りの計86週刊紙について廃止された。

ただ現在、国営紙で占められている日刊紙については、民間による発行はまだ認められていない。情報省の担当者は「必要なメディア法が制定されれば、(発行が認められる)可能性はある」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below