August 22, 2012 / 1:01 AM / 7 years ago

イランが新型ミサイル公開、新たな防空拠点の建設も

8月21日、イランが新型の短距離ミサイルを公開するとともに、新しい防空拠点を建設することを明らかにした。写真はアハマディネジャド大統領。北京で6月撮影(2012年 ロイター)

[ドバイ 21日 ロイター] イランは21日、新型の短距離ミサイルを公開するとともに、新しい防空拠点を建設することを明らかにした。今月に入り、イランの核施設への攻撃をほのめかす発言がイスラエルの政治家の間で急増しており、そうした動きをけん制するものとみられる。

メヘル通信によると、アハマディネジャド大統領やバヒディ国防軍需相が出席した式典で、射程距離が約300キロの第4世代短距離ミサイルのほか、他の武器類が公開された。

大統領は、軍の機能向上が単に防衛目的のためだとした上で、イランを思い通りにしようとする大国への抑止となると強調。「われわれの防衛能力によって弱い者いじめに耐え、彼らの計画をやめさせることができると信じている」と語った。

一方、イラン政府は中部イスファハンにあるウラン濃縮施設から約210キロの場所に、防空拠点を建設すると発表。ファルス通信によると、防空拠点の敷地面積は200ヘクタールで、同地域では最大規模となるという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below