August 28, 2012 / 5:52 AM / 7 years ago

NYで「孵化直前の卵」早食い大会、羽も骨も丸飲みに

8月25日、米ニューヨーク市のブルックリンで、孵化(ふか)する直前のアヒルの卵「バロット」の早食い大会が開かれた(2012年 ロイター)

[ニューヨーク 25日 ロイター] 米ニューヨーク市のブルックリンで25日、孵化(ふか)する直前のアヒルの卵「バロット」の早食い大会が開かれた。

バロットは、フィリピンをはじめアジアの一部地域で人気のある料理で、孵化直前のアヒルの卵をゆでたもの。孵化が近いため、殻の中ではひなの形が確認できる程度にまでになっている。

大会では、5分間でどれだけ多くのバロットを食べられるかを競い、18個を平らげた男性が優勝。「小さな動物を食べているということは考えないようにした」と語った。

また、参加者の1人は「羽が生えていたり、小さな骨があったりする。食べるとパリパリした食感が楽しめる」と語っていたが、声援を送る観客の中には顔をしかめる人もいた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below