September 4, 2012 / 9:18 AM / 7 years ago

エジプト国営TVにヒジャブ姿のキャスター、「不文律」に終止符

9月3日、エジプト国営テレビのニュース番組にスカーフで頭部を覆った女性キャスターが登場し、話題を呼んでいる。写真はエジプト国営テレビの映像から(2012年 ロイター)

[カイロ 3日 ロイター] 約30年続いたムバラク政権が崩壊し、イスラム勢力出身のモルシ大統領が6月末に就任したエジプトで、国営テレビのニュース番組にスカーフで頭部を覆った女性キャスターが登場し、話題を呼んでいる。

同国では、イスラム教徒の女性が頭を覆うヒジャブと呼ばれるスカーフを着用している女性は多いが、ヒジャブ姿のニュースキャスターが国営テレビに出演したのは初めて。ムバラク政権下では、ヒジャブを着けたキャスターの国営ニュース番組出演を認めないという「不文律」があった。

キャスターのファトマ・ナビル氏は2日、ヒジャブを着用して番組に登場。多くの視聴者は同氏の番組出演を支持しているが、その一方で、この1件がイスラム勢力の社会的影響力が拡大してきたことを示していると懸念する声もある。

首都カイロの銀行に勤めるKhaled Atefさんは、「これは個人の自由にかかわることで、問題はない」とし、政治的な意思表示と受け取るべきではないと述べた。

*写真を添付して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below