Reuters logo
A・ジョリーがシリア難民のキャンプ訪問、国際支援訴える
2012年9月12日 / 01:56 / 5年前

A・ジョリーがシリア難民のキャンプ訪問、国際支援訴える

[ザータリ(ヨルダン) 11日 ロイター] 米女優で国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の特使を務めるアンジェリーナ・ジョリーさんが11日、シリア難民が暮らすヨルダンのザータリ・キャンプを訪れ、難民問題への国際支援強化を訴えた。

9月11日、米女優で国連難民高等弁務官事務所の特使を務めるアンジェリーナ・ジョリーさんがシリア難民が暮らすヨルダンのザータリ・キャンプを訪れ、難民問題への国際支援強化を訴えた(2012年 ロイター/Muhammad Hamed)

ジョリーさんはキャンプ訪問後、記者団に対し「9歳の女の子に話を聞くと、バラバラになったり焼け焦げたりした人間の体は、引き裂かれた鶏肉のようだったと話していた」と語った。

国連によると、シリアから周辺国などに逃れる難民の数はこれまでに25万人以上とみられている。隣国ヨルダンには1日平均2000人の難民が押し寄せており、同国では受け入れ限度を超えているとして、国際的な支援を求めている。

ジョリーさんが訪れたキャンプには2万8000人が生活しているが、設備は乏しく、砂埃が舞う劣悪な環境にある。

ジョリーさんは2007年と09年にも、米俳優で夫のブラッド・ピットさんとシリアを訪問。アサド大統領夫妻と面会したこともある。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below