Reuters logo
サッカー=W杯アジア最終予選で豪州が黒星、韓国はドロー
2012年9月12日 / 01:51 / 5年後

サッカー=W杯アジア最終予選で豪州が黒星、韓国はドロー

[アンマン 11日 ロイター] サッカーの2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選は11日に各地で行われ、日本と同じB組のオーストラリアがヨルダンに1─2で敗れる波乱があった。

9月11日、サッカーの2014年W杯ブラジル大会アジア最終予選で、日本と同じB組のオーストラリアがヨルダンに1─2で敗れる波乱。写真中央はオーストラリアのホルガー・オジェック監督(2012年 ロイター/Muhammad Hamed)

オーストラリアはヨルダンのハイテンポなサッカーに苦戦を強いられると、後半立ち上がりにPKを与えて失点。さらにその後、追加点を許して2点のビハインドを背負うと、終盤に1点を返すのが精一杯だった。

オーストラリアのホルガー・オジェック監督はテレビインタビューで「非常にがっかりしている。前半は本当にひどい内容だった」とコメント。「試合にうまく入れず、パスの精度が悪くて普段のリズムを作れなかった。ロングボールばかりになっていて、なぜそのようなことになったのか分からない」と肩を落とした。

A組の韓国はウズベキスタンと2─2で引き分け。リードを奪うたびに追いつかれ、勝ち点1を得るにとどまった。レバノンはイランを1─0で下した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below