September 14, 2012 / 4:32 AM / 6 years ago

サッカー=イングランド協会、ヒルズボロの悲劇を謝罪

9月13日、イングランド・サッカー協会のデービッド・バーンスタイン会長は、23年前にリバプールのファン96人が圧死したヒルズボロの悲劇と呼ばれる事故について、公式に謝罪した。リバプールの本拠地には12日、亡くなった96人への献花(写真)が相次いだ(2012年 ロイター/Nigel Roddis)

[ロンドン 13日 ロイター] イングランド・サッカー協会(FA)のデービッド・バーンスタイン会長は13日、23年前にリバプールのファン96人が圧死したヒルズボロの悲劇と呼ばれる事故について、公式に謝罪した。

イギリスのスポーツ史上最悪の出来事として知られるこの事故は、1989年にシェフィールドのヒルズボロ競技場で行われたFAカップ準決勝のリバプール対ノッティンガム・フォレスト戦で起きた。ゴール裏の観客席に収容能力を上回るリバプールファンが押し寄せたことが理由とされ、ファンの行動が糾弾されていた。

しかし2010年に当時の英国政府が設置した独立調査委員会は12日、警備側の安全対策に問題があったとの報告書を公開。事故は避けられたものだったとしたほか、警察側が100を超える証言を改ざんし、非難の矛先を自分たちからファンへそらすような工作をしていたと明らかにした。

これを受け、デービッド・キャメロン英首相も12日に謝罪。バーンスタイン会長もFAが公式ウェブサイト上に掲載した動画において「FAが選出した会場、FAの大会で起きた事故について深く謝罪し、遺族や関係者に心から哀悼の意を表する。起こってはならない悲劇だった」と述べた。

バーンスタイン会長はさらに「真実が明らかになるまでこれほど長くかかり、悲しみの念に堪えない。遺族の方々は23年という間、忍び難い苦痛を味わっており、その心中は察するに余りある」と、正義を求めて戦い続けてきた関係者を気遣った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below