September 26, 2012 / 12:46 AM / 7 years ago

気候変動で2030年までに1億人死亡も=報告書

9月25日、国際援助に関する非営利組織DARAは、気候変動に対する適切な対策が講じられなければ、2030年までに世界で1億人以上が死亡するなどとした報告書を発表した。米カンザス州ハドソンで8月撮影(2012年 ロイター/Jeff Tuttle)

[ロンドン 26日 ロイター] 国際援助に関する非営利組織DARAは26日、気候変動に対する適切な対策が講じられなければ、2030年までに世界で1億人以上が死亡し、国内総生産(GDP)を3.2%押し下げる要因になるとする報告書を発表した。

この報告書は、発展途上国20カ国で構成する「気候変動に脆弱性を持つ諸国会議」の委託でDARAがまとめたもの。

同報告書は、地球温暖化ガスの排出で世界の平均気温が上昇するのに伴い、氷床の減少や異常気象、干ばつや海面上昇などが起こると指摘。気候変動がもたらす大気汚染や飢餓、病気による死者は毎年500万人に上ると推計し、化石燃料の使用ペースが現在の水準のまま推移すれば、この数字は2030年までに600万人に増えるとしている。

報告書の発表を受け、バングラデシュのハシナ首相は「気温が1度上昇すれば、農業では10%の生産性損失につながる。わが国にとっては穀類約400万トン、金額にして25億ドルを意味する。GDPの約2%だ」と指摘。それ以外の要因も含めると、気候変動による経済的損失はGDPの3─4%になると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below