Reuters logo
テニス=パンパシフィックOP、シャラポワは準々決勝敗退
2012年9月28日 / 01:31 / 5年後

テニス=パンパシフィックOP、シャラポワは準々決勝敗退

[東京 27日 ロイター] 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープンは27日、東京の有明テニスの森公園でシングルス準々決勝を行い、第2シードのマリア・シャラポワ(ロシア)は第8シードのサマンサ・ストーサー(オーストラリア)に4─6、6─7で敗れた。

9月27日、女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープンは東京の有明テニスの森公園でシングルス準々決勝を行い、第2シードのマリア・シャラポワ(写真)は第8シードのサマンサ・ストーサーに4─6、6─7で敗れた(2012年 ロイター/Toru Hanai)

シャラポワは第2セットをタイブレークに持ち込み、マッチポイントを4回しのいだが、最後には力つきた。「自分の思い通りにいかないポイントがあった。彼女に楽には勝たせなかった」と語った。

第1シードのビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)は体調不良により棄権し、不戦敗。第3シードのアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)、第5シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)、第17シードのナディア・ペトロワ(ロシア)がベスト4に勝ち進んだ。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below