December 23, 2011 / 5:52 AM / 7 years ago

中国三峡ダム運営会社、ポルトガル電力公社に21%出資へ

[リスボン 22日 ロイター] 中国の三峡ダムを運営する三峡集団は、ポルトガル電力公社(EDP)(EDP.LS)株式21%を27億ユーロ(35億ドル)で取得することになった。

ポルトガル政府は財政立て直しに向け民営化を進めており、EDP株売却もその一環。三峡集団は、ドイツのエーオン(EONGn.DE)やブラジルのエレトロブラス(ELET6.SA)に競り勝った。ポルトガル政府の持ち株会社によると、三峡集団が提示した取得価格は市場価格に53%のプレミアムを乗せた水準だったという。

三峡集団はEDPに対する資金支援を強化し、ECBが抱える債務の返済や再生エネルギープロジェクトを支援することを約束。政府は、中国の銀行による融資を考慮すると、EDPおよびポルトガル経済への総投資額は80億ユーロに達する可能性があると見込んでいる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below