January 4, 2012 / 12:51 AM / 6 years ago

韓国がサムスンの中国半導体工場建設を認可、総工費約3000億円

[ソウル 4日 ロイター] 韓国政府は、サムスン電子(005930.KS)が中国でフラッシュメモリーチップ工場を建設する計画を認可した、と明らかにした。工場建設の総工費はおよそ40億ドルとみられている。

 1月4日、韓国政府は、サムスン電子が中国でフラッシュメモリーチップ工場を建設する計画を認可した、と明らかにした。2010年3月撮影(2012年 ロイター/Lee Jae-Won)

中国工場は、サムスンが海外に持つ2番目の半導体製造拠点で、スマートフォンやタブレット人気を背景とした需要の高まりに対応する。

サムスンが工場建設地に中国を選んだことは、中国市場の重要性が高まっていることを反映している。調査会社ガートナーによると、中国のNAND型フラッシュメモリーの消費は近く世界全体の半分に達する。

中国工場では最先端の20ナノメーター級の加工技術を使い、大量生産は2013年末から開始する計画。生産能力は月間10万ウエハー。

サムスン電子は、中国工場の具体的な建設地はまだ決定していない。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below