January 19, 2012 / 5:57 AM / 7 years ago

米コダック、破産法第11条による事業再編を申請

1月19日、米イーストマン・コダックと米子会社は、連邦破産法第11条の適用による事業再編を申請した。写真はニューヨークで13日撮影(2012年 ロイター/Eduardo Munoz)

[19日 ロイター] 130年余りの歴史をもつ米映像機器大手イーストマン・コダックEK.Nと同社の米子会社は19日、連邦破産法第11条の適用による事業再編をニューヨーク州の連邦破産裁判所に申請した。2013年中の事業再編完了を見込んでいる。

同社は米シティグループ(C.N)から9億5000万ドルのDIPファイナンス(つなぎ融資)を確保しており、再編中も1年半にわたって事業を継続する十分な流動性があるとしている。

グループ全体では、昨年9月末時点で資産が51億ドルに対し、負債は67億5000万ドルだった。

今後は保有する約1100件のデジタル関連特許の売却先探しと、従業員1万7000人を擁するグループの事業再編を目指す。

米国外の子会社については今回の申請に含まれず、これまで通り、サプライヤーに対する義務を全うするという。

*情報を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below