February 20, 2012 / 7:37 AM / in 8 years

焦点:米株市場でスマートマネーが買い出動、一段高の可能性

[ニューヨーク 17日 ロイター] 米株式市場が欧州債務危機に怯えていた昨年夏に、先見の明がある投資家の資金(いわゆるスマートマネー)が買い出動し、2012年までつながる上昇相場の先駆けの役割を演じた。

2月17日、米株式市場が欧州債務危機に怯えていた昨年夏に、先見の明がある投資家の資金が買い出動し、2012年までつながる上昇相場の先駆けの役割を演じた。写真はニューヨーク証券取引所。16日撮影(2012年 ロイター/Brendan McDermid)

しばらく鳴りを潜めていたこうした資金が今、市場に再び登場しており、株価の一段高がまた始まる可能性を示唆している。

スマートマネーの核心は、誰かではなく、いつ買うかにある。

ビスポーク・インベストメント・グループ(ニューヨーク州ハリソン)のアナリスト、ポール・ヒッキー氏は、S&P総合500種.SPX について取引の最初の1時間と最後の1時間の売買データをまとめているが、それによると、終盤に動く投資家は昨年夏から買いの動きを始めており、その後の相場上昇に先行していたことが分かった。S&P総合500種の30%近い上昇は10月に始まっている。

同氏は、こうしたスマートマネーの動きは年末にかけていったん止まったが、「ここ数日間にまた上向き、実際に株価は昨年10月21日以降で初めて、高値を更新している」と指摘した。

クレディ・スイスによると、S&P500種銘柄の出来高の約20%は、取引終了までの30分以内に集中している。最初の1時間の比率は10%だ。寄り付き直後の取引は、朝方のニュースに反応した個人投資家の占める比率が大きいが、データやニュースの消化に時間を費やす機関投資家には取引終盤の方が重要な意味を持つ。

ハリス・プライベート・バンク(シカゴ)で500億ドル超の資産を管理するジャック・アブリン最高投資責任者(CIO)は「何日か、取引の序盤に値下がりし、終盤に戻している。一般論としてそれはスマートマネーの動きによるものであることが有力だ」と話した。

最近は、欧州市場が引ける米東部時間午前11時半以降に、米国株が上昇する傾向も見て取れる。

スティフェル・ニコラウス・キャピタル・マーケッツ(ボルティモア)のトレーディング部門担当マネジングディレクター、デービッド・ルッツ氏によると、2月16日までの直近30営業日のうち26日は欧州市場の引け後に米国株が上昇して終わっている。

ルッツ氏は「多くの参加者がこのトレンドに乗って取引している。人々は、朝方の値下がりを見て売りを出すことにやや慎重となり、午後に何らかの形で株価が上昇すると見込むようになっている」と話した。

寄り付きと引けの動きが違う原因が、欧州発のニュースに不意打ちをくらいたくないことにあるのだとすれば、投資家が「テールリスク」への懸念を拭い去れず、警戒を強めていることがうかがえる。パフォーマンス・トラスト・キャピタル・パートナーズ(シカゴ)のトレーディング担当バイス・プレジデント、ブライアン・バトル氏は「ちょっとした悪いニュースで大幅な下落になりかねない」と指摘した。

株価が終盤に急速に動く理由はほかにもある。昨年10月4日の場合、米国株は取引終了までの1時間足らずのうちに4%も高騰したが、これはアルゴリズム取引が膨らんだためとされている。

こうした取引終盤に動くスマートマネーの手法にそれほど価値があるのか疑問視する向きもある。ニュースが24時間流れる現在、投資家は朝に新聞を読んで、夜にテレビニュースを見れば済むような時代ではない。

それでも、取引終盤の急激な動きは、最も忙しい時間帯に市場を左右する力を備えた機関投資家の関与を示唆している。こうした買い手が昨年と同様に今回も賢明であるなら、株価にはさらに上昇する余地が残されている。

ハリス・プライベート・バンクのアブリン氏は「一般的に言えば、こうした資金の動きは適切な先行指標だ」と指摘した。

(Edward Krudy記者)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below