March 20, 2012 / 7:27 AM / 7 years ago

米フェイスブックのIPO、引受手数料率は1.1%の見込み

3月19日、関係筋によると、米SNS最大手フェイスブックの新規株式公開で、引受手数料率は1.1%にとどまる見通し。写真はザッカーバーグCEOのスピーチ。2008年にカリフォルニア州で撮影(2012年 ロイター/Kimberly White)

[サンフランシスコ 19日 ロイター] 関係筋によると、米ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)最大手フェイスブックの新規株式公開(IPO)で、引受手数料率は1.1%にとどまる見通し。

IPOの引受手数料率は通常は、3─7%程度となることが多い。関係筋は、フェイスブックのIPOは世界的にも注目を集めているため、引受会社は手数料率が低水準でも受け入れるだろう、と指摘している。

フェイスブックのIPOの引受会社はモルガン・スタンレー(MS.N)、JPモルガン(JPM.N)、ゴールドマン・サックス(GS.N)、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)(BAC.N)、バークレイズ(BARC.L)、アレン&Co。フェースブックは今月、引受会社に25行をさらに追加した。

フェイスブックは19日、IPOに関わるアナリストや投資銀行関係者などおよそ100人を集めた会合を本社で開催した。マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は出席しなかったものの、その他の同社幹部の大半は顔を見せ、プレゼンテーションを行ったという。出席者の1人は、同社の事業について新しい情報はなかったとしている。

フェイスブックはコメントを拒否した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below