Reuters logo
オバマ政権の医療保険制度改革法、財政赤字を拡大させる恐れ=調査
2012年4月10日 / 08:22 / 6年後

オバマ政権の医療保険制度改革法、財政赤字を拡大させる恐れ=調査

[ワシントン 10日 ロイター] 米社会保障プログラムの専門家の調査で、オバマ政権の医療保険制度改革法により、財政赤字が削減目標を大幅に上回り、最大5300億ドル上乗せされるとの見方が示された。

4月10日、米社会保障プログラムの専門家の調査で、オバマ政権の医療保険制度改革法により、財政赤字が削減目標を大幅に上回り、最大5300億ドル上乗せされるとの見方が示された。9日撮影(2012年 ロイター/Kevin Lamarque)

調査を行ったのは、ジョージ・メイソン大学のリサーチフェローで共和党の高齢者向け医療や社会保障に関する評議員を務めるCharles Blahous氏。オバマ政権は制度改革により膨らむコストを抑え、財政赤字を圧縮できると主張しているが、これを覆す見解が提示されたことになる。

ブッシュ前大統領の下で経済顧問を務めたBlahous氏は、制度改革により歳出が1兆1500億ドル超押し上げられ、2012─21年の間に3400億─5300億ドルの財政赤字が追加されると分析した。

「オバマケア」とも呼ばれる医療保険制度改革法をめぐっては、保険加入の義務付けに対して違憲訴訟が起きており、2週間前にはその口頭弁論が行われた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below