April 12, 2012 / 4:32 AM / 7 years ago

韓国総選挙は与党が単独過半数、大統領選に向け弾み

4月12日、11日に実施された韓国総選挙は、保守の与党セヌリ党(旧ハンナラ党)が単独過半数の152議席を獲得。写真は11日、ソウルにて同党の朴槿恵(パク・クンヘ)非常対策委員長(2012年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ソウル 12日 ロイター] 11日に実施された韓国総選挙(定数300)は、保守の与党セヌリ党(旧ハンナラ党)が単独過半数の152議席を獲得した。セヌリ党の議席数は、改選前は162だった。

一時は、最大野党の民主統合党が圧勝との見方もあったが、セヌリ党は予想ほどには議席を失わず、朴槿恵(パク・クンヘ)非常対策委員長は12月の大統領選に向け弾みをつけた格好だ。

朴氏は「新たな始まりだ。われわれはすべての世代、階層を尊重する」と述べ勝利宣言した。

朴氏は、李明博(イ・ミョンバク)大統領の政策とは距離を置く戦略をとり、社会福祉の充実や、若年層向けの雇用創出の必要性を訴えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below