April 16, 2012 / 9:42 AM / 8 years ago

中国2社、デンマークの風力発電用タービン最大手にTOB検討=報道

[コペンハーゲン 16日 ロイター] デンマーク紙ユランズ・ポステンは、複数の同国企業投資家の話として、中国の風力発電用タービンメーカー2社が、同世界最大手、デンマークのベスタス・ウインド・システムズ(VWS.CO)に対する株式公開買い付け(TOB)を検討していると伝えた。

中国の2社は、同国2位の新疆金風科技(002202.SZ)(2208.HK)と、華鋭風電科技集団(601558.SS)。同紙によると、両社はベスタスの株価下落を受け、多くのコーポレート・バンカーとTOBの可能性をめぐり協議したという。

同社の株価は、2度にわたった業績下方修正発表前の最終取引日に当たる昨年10月28日以降、56%下落した。

1月には、ベスタスは経営陣の刷新と2335人の雇用削減計画を発表した。

同社は同紙記事に対するコメントを拒否した。

中国2社からは今のところ、コメントを得られていない。

ただ、同紙は、ベスタスの多様な株主構成により、90%以上の株主から支持を得るのが困難となるため、TOBが阻まれる可能性があるとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below