April 19, 2012 / 4:37 AM / 7 years ago

独アウディが伊ドゥカティ買収で合意、ブランド数を拡充へ

4月18日、独フォルクスワーゲン傘下のアウディは、イタリアの自動二輪メーカー、ドゥカティを買収することで合意したと発表。写真はベルリンの店頭に並んだドゥカティ社製オートバイ(2012年 ロイター/Tobias Schwarz)

[ベルリン 18日 ロイター] 独フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)傘下のアウディは、イタリアの自動二輪(オートバイ)メーカー、ドゥカティを買収することで合意したと発表。VWは乗用車・トラック合わせて12ブランドを抱えることになり、スーパーバイク事業で長年のライバルであるBMW(BMWG.DE)との競争にも弾みがつきそうだ。

合意内容の詳細は明らかにされていないが、関係筋が17日にロイターに明らかにしたところによると、アウディはドゥカティを8億6000万ユーロ(11億3000万ドル)で買収することで合意した。

アウディは、関係当局の承認を経て、ドゥカティの主要株主であるイタリアのプライベートエクイティ(PE)、インベストインダストリアルからできる限り早く買収を完了させたいとしている。

アウディのルパート・スタッドラー最高経営責任者(CEO)は、「世界に通用する上質なスポーツブランドとして、ドゥカティはアウディにとって非常にふさわしい相手」と述べた。

ドゥカティはクルーザーバイク、スーパーモト、スーパーバイクなどの二輪車を、年間約4万台生産。一方、二輪市場で最大手のホンダ(7267.T)は昨年、1600万台のオートバイを販売した。

アウディの販売台数は昨年、独自動車大手ダイムラー(DAIGn.DE)の高級車部門メルセデス・ベンツを上回った。高級車市場で首位のBMWを向こう10年で追い抜き、トップの座を確保することを目標に掲げている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below