Reuters logo
大塚HDとルンドベック、統合失調症の臨床試験で良好な結果
2012年5月8日 / 00:49 / 6年前

大塚HDとルンドベック、統合失調症の臨床試験で良好な結果

[コペンハーゲン 7日 ロイター] 大塚ホールディングス(4578.T)と提携するデンマークの医薬品大手ルンドベック(LUN.CO)は7日、統合失調症の維持療法として実施した「アリピプラゾール持効性注射剤」(月一回製剤)の臨床第III相試験結果について、主要評価項目である「再発までの期間」の延長が確認されたと発表した。

「52週間の無作為化プラセボ対照二重盲検比較試験で、プラセボ群に比較して、無再発期間が有意に延長された」という。

試験では、治療関連の有害事象に伴う中断率も偽薬を下回り、忍容性が高いことも確認された。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below